セックスにおける満足度は前戯で決まると言っても過言ではありません。

前戯について

男女でセックスへの価値観も違いますし、ゴールも異なります。
男性はペニスを挿入するのが快感であるため、常に入れることを考えています。
しかし女性は、心が満たされるのを最優先にしているので雰囲気を盛り上げて欲しいと思っているのです。
女性からセックスを求められるようになるには、そうした気持ちをしっかりと理解しなくてはいけません。

 

 

重要なのは挿入する前の前戯です。

前戯で女性の気持ちを盛り上げれば、その後の挿入はいつもよりも楽しいものに変わるでしょう。
女性の満足度が大きく変化するので前戯をめんどうに思ってはいけません。

 

女性が前戯にして欲しいと思っていることはキスです。
単純にキスすれば良い訳ではなく、軽いキスからディープキスまでを緩急付けて行うのがポイントです。
首筋や鎖骨など、普段はキスしない部分に触れるのも効果的です。
愛情を伝える強弱の付いたキスは女性を虜にするのです。

 

キス

 

セックスする時に女性の服をすぐに脱がせてはいけません。

ゆっくりと少しずつ脱がせて行くことで興奮を高めるのが大切です。
1枚ずつ服を脱がし、露出した部分を順番に愛撫していくと女性は喜びます。

 

 

言葉攻めもうまく利用してみましょう。

無言で愛撫するのも時には必要ですが、あえて卑猥な言葉で女性をいじめるのも興奮材料の1つです。
特にマゾ気質の女性には効果的なので試してみましょう。

 

 

このように前戯の手段はたくさんあり、いろいろな組み合わせで攻めるとマンネリ化を防げます
男性は女性の裸を視覚的に見るだけで興奮しますが、女性は気持ちが盛り上がらないと濡れにくいのです。
気持ちを高めるための前戯に愛情を込めれば、女性から好かれるでしょう。

 

前戯にかける時間ですが、女性の理想は平均で18分というアンケート結果があります。
好きな人に愛撫されているとすぐに濡れてしまうというのが理由のようです。
実際のセックスの前戯は10分が平均なので、女性の理想とは少し離れているのが分かります。

 

女性を悦ばせたいのであれば、大きいペニスだけではなく前戯も出来なければいけません。
それが上手なセックスをするということなのです。