理想のバランスを語るには女性器の構造と平均サイズからお話する必要がありそうです。

長さ、太さ、硬さの関係

ペニスの長さや太さ、硬さにはそれぞれ別の意味があります。
ひとまとめにペニスと考えるのではなく、どの要素が女性の快感に関係しているかを知っておかなければなりません。

 

 

長さ

これは女性の膣内の最奥にある子宮口を刺激するのに欠かせない要素です。
女性によって好みも別れるのですが、子宮口は第二のクリトリスと呼ばれるぐらい快感が強いとされています。
ただし、ここで快感を感じるには時間を掛けて開発しなくてはいけないため、いきなり刺激するのは止めておきましょう。
必要なペニスの長さですが、女性の膣は平均で8センチぐらいになっています。
これよりも少し長いぐらいが子宮口を刺激するのに最低限必要なものとなります。

 

 

硬さ

これは膣内を擦りあげたり愛情を伝えたりするのに必要です。
硬くなっているのを感じると、女性は自分に興奮してくれていると感じて喜びます。
6割近い女性がペニスで一番大切なのは硬さだと答えており、いかに重要な要素かが分かります。
硬さがあると摩擦力も上がるので、お互いに快感アップにもなるのを覚えておいてください。

 

 

太さも

これも重要な要素でありセックスの快感に大きく関係しています。
女性の膣は広がる性質を持っており、相応の太さが無いと刺激が得られないのです。
特に感じて濡れている時は摩擦が少なくなり、細いペニスだとほとんど快感を得られません。
そのため、女性は太いペニスを望んでいるのです。

 

長さ、太さ、硬さ

 

長さ、太さ、硬さ、すべての要素が無ければ理想のペニスにはなり得ません。
どれも不可欠な要素になっており、お互いの長所を引き立てる関係になっています。
長くても太さが無ければ快感には繋がりませんし、硬さが不十分なペニスでは盛り上がりも半減です。
それぞれの要素を引き立てる関係だからこそ、何1つ欠けてはいけないのです。

 

女性が理想とするペニスが欲しいのなら、長さと硬さと太さ、すべてを兼ね備えなくてはいけません。
特に重要なのは硬さと太さなので、最低でもこの2つの要素を意識してみましょう。